リターナブルびんポータルサイト

活動報告

リターナブルびん推進の取り組み <Rびんプロジェクト>

リターナブルびんを広めたいという真摯な想い

 「リターナブルびんの方がいいんじゃないの?という想いはいつも頭の中にありました。」そう語る、Rびんプロジェクト代表、西村優子氏。「パック連関西」の代表として牛乳パックの回収に関わりながら常にリターナブルびんのことを気にかけていたそうです。
 そんな折にグリーンコープのリターナブルびん回収・再使用のシステムを知り、実際に現地への取材を経て、西村氏はリターナブルびんシステムの現実的な可能性を見出し、本格的にリターナブルびんに取り組み始めました。そんな西村氏の呼びかけには、多くの有志が集まりました。皆、同じ想いだったそうです。
 1999年5月、Rびんプロジェクトはスタートしました。最初はリターナブルびんシステムの学習からスタート。その後は、生協を中心にリターナブルびんシステムの導入を呼びかけました。今では、地元企業や官公庁へも呼びかけ、少しでも多くの場面でリターナブルびんを使用してもらえるよう取り組んでいます。
 もちろん利用者である市民への啓発は欠かせません。エコイベントの開催や、小中学校への出前講座、Rびんプロジェクト事務局「芽え屋(めえや)」でのリターナブルびん講座など、さまざまな機会を見つけて活動しています。中でも注目なのが、紙芝居「りさとりた」。かわいらしいイラストでリターナブルびんの良さがわかる、Rプロジェクトのオリジナル絵本です。
  「リターナブルびんを使っていると、自分がちゃんと考えて選んでいる、生きる自信につながりますね。3.11の震災以降、物を大切にしよう、という皆さんの意識の変化を感じます。また昨年は環境省のリターナブルびんに関する検討会の開催や、『リユースびん推進全国協議会」の設立と言う事がありました。これをきっかけに、リターナブルびんに対する意識が高まっていって欲しいですね。』と、今後の展開に期待する西村氏です。

Rびんプロジェクト facebook
https://www.facebook.com/rbinproject



Rびんプロジェクト
オリジナル絵本
「りさとりた」


画像クリックでPDFファイルをダウンロードできます


柏原私立堅下北中学校にてエコ授業

リックはびきのエコイベント

福祉まつり(関目学園構内)福祉まつりの前に開催した「暮らしの広場」のプレ企画
「リサイクルよりリユース」

リユースびん啓発ステッカー




未来に向かって、学生たちとの連携協力

 最近新しく取り組み始めたのが、大学生との連携です。大阪教育大学に通う、未来の先生である学生達と連携し、啓発活動に参加してもらっています。「こうした活動を通じて、環境を教える土壌をもった先生になってもらい、またその教えを子供たちへ伝えて・・・と、無限の広がりを持ってほしい」という、未来への願いが込められています。
 「教職課程には環境を学べる時間がほとんど無いので、西村さんと一緒に活動していて、すごく勉強になります。」と話す、大阪教育大2年生 万谷氏。Reuniv(リ・ユニブ)という教職サークルで、他の学生と一緒に、「Rびんプロジェクト」の活動に積極的協力していこうとしています。
大阪教育大学 教育系サークルReunivブログ
http://ameblo.jp/reuniv/
万谷氏
大阪教育大学 万谷氏






PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。
AdobeReaderをお持ちでない場合は、下のアイコンをクリックしてください。




  • 全国びん商連合会全国びん商連合会
  • ガラスびんリサイクル促進協議会ガラスびん3R促進協議会
  • 日本ガラスびん協会日本ガラスびん協会
  • 日本P箱レンタル協議会日本P箱レンタル協議会
  • びん再使用ネットワークびん再使用ネットワーク
  • 特定非営利活動法人 中部リサイクル運動市民の会中部リサイクル運動市民の会
  • Rびんプロジェクト Rびんプロジェクト